現在の位置:ホーム > 教育・文化 > 文化財指定状況 > 今別八幡宮狛犬2対

今別八幡宮狛犬2対

種類

有形文化財-彫刻

所在地

〒030-1502 今別町大字今別字今別

管理

今別八幡宮 沢田瑞穂

指定

町-3

指定日

昭和61年5月1日

 

形状

山岸屋太兵衛奉納一対

高さ48cm、長さ43cm、巾15cm

上林武兵衛奉納一対

高さ42cm、長さ39cm、巾15cm

 

概要

越前国新保浦(現福井県坂井郡三国町)山岸屋太兵衛が明暦4年(1658年)6月に今別八幡宮に奉納した二基一対、および万治2年(1659年)3月越前国新保浦(現福井県坂井郡三国町)上林武兵衛が奉納した二基一対。

これは日本海の海運によってもたらされたものであり、江戸時代前期の海運史等を考察する上で貴重である。

 

今別八幡宮狛犬2対

教育・文化

ページの先頭へ

ホームへ戻る