ホーム > くらしのガイド > 家庭でできる応急処置
防災
  • 家庭でできる応急処置
  • 救急車が来るまでに家庭でできる応急処置

 応急手当の目的には、救命、悪化防止、苦痛の軽減の3つです。

【救命】

 応急手当の一番の目的は、傷病者の命を救うこと、つまり救命です。応急手当の知識と技術を習得し、すぐに処置ができれば、尊い人命を救うことができます。救急車や医師の到着を何もせずに待っていたのでは、手遅れになってしまいます。意識障害などの生命に直接関係するような症状があれば、その症状に応じた人工呼吸などの手当を優先的に行います。

【悪化防止】

 応急手当は、ケガや病気を治すために行うのではなく、現状以上に悪化させないことを目的に行います。例えば、止血や骨折時の固定などは、その症状の悪化防止につながり、その後の治療を早めることにも役立ちます。

【苦痛の軽減】

 突然病気やケガをした傷病者は、心身の両方にダメージを受けています。適切な手当を行いながら、励ましの言葉をかけてあげます。

<問い合わせ先>
総務課 総務
電話番号:0174-35-2001 メール:somu@town.imabetsu.lg.jp
青森県 今別町役場 〒030-1502 青森県東津軽郡今別町大字今別字今別167
TEL/0174-35-2001 FAX/0174-35-2298 E-mail/info@imabetsu.net.pref.aomori.jp